hddが便利になりスムーズに作業が行われている実態

歴史を紐解く

データセンターの歴史と誕生について

ネット通販をはじめ、ネット上での銀行へのアクセス・電子メールのやり取り等をする場合に必要になるのは、データセンターという場所に格納されている、サーバーと呼ばれるコンピューターやネットワーク機器等です。 あるいは情報漏洩を鑑み、意図的にインターネットには繋がずに独自に構成するネットワークを形成するイントラネット用のサーバー等が置かれている事もあります。 さて日本のデータセンターの歴史は紐解いてみると、2000年代に入ってからVoIPというIP電話に使用されているプロトコルへのリプレースが始まった頃から、日本の電話会社の交換器が置かれている場所に空きスペースが目立つ様になりました。 そしてそのスペースを一般の顧客に貸し出すサービスが始まるという、変遷を辿る事になった訳です。

データセンターの現在と未来について

データセンターには地震対策や災害対策が講じられており、免震構造により揺れを吸収する作りになっているというのが一般的です。 またISMSを取得していれば、温度管理・湿度管理、更には複数系統の電源の所有に加えて、盗難からテロ対策まで講じられているでしょう。 その他では、セキュリティーポリシーや契約内容にもよりますが、磁気テープ等に保存しておき別置保管場所に格納するというのも一般的な傾向にあります。 今後の動向としては、アメリカの大手IT企業が提案したというコンテナ型データーセンターが日本の建築基準法が緩和された事から、普及するという予測をする見方も出来るかも知れません。 理由としては既に、日本の一部の研究機関等が実施済みである事や、実現出来ればデータセンターの移転作業に掛かるコストを大幅に抑える事が出来るからです。

↑ PAGE TOP